Everyday Butter Coffeeとは

Everyday Butter Coffeeは誰でも簡単に本格的なバターコーヒーを楽しめるように、と作られたブランドです。

 「最強の食事」という本で著者のシリコンバレーの起業家デイブ・アスプリー氏が推奨したことで、「完全無欠コーヒー」として話題になりました。その後も、健康的なライフスタイルや理想の自分を実現・維持するために、多くの人がバターコーヒーを継続しています。

牧草だけを食べて育った牛から採れる「グラスフェッド・バター」と脂肪燃焼やエネルギーのサポートに効果があると言われている「MCTオイル」をブラックコーヒーに入れて攪拌したもので、集中力の向上やダイエットに効果的だと注目されています。

毎日の朝食やおやつをバターコーヒーに置き換えて、ヘルシーな1日を過ごすために、簡単に本格バターコーヒーを始めてみませんか?

バターコーヒーはめんどくさい?

本格的なバターコーヒーを作るには

  • お気に入りのブラックコーヒーを用意する
  • バターまたはギーを用意する
  • MCTオイルを用意する
  • コーヒーにお好みのギートMCTオイルを入れてブレンダーでしっかり撹拌する

と、意外と手間がかかります。毎日忙しい中、わざわざ面倒…という方も多いのではないでしょうか。

Everyday Butter Coffeeなら

インスタント粉末のEveryday Butter Coffeeなら、インスタントコーヒーにグラスフェッドギーパウダーとMCTオイルパウダーをブレンドされているので、カップにお湯を注ぐだけ!お湯が湧いたら、たった10秒でバターコーヒーを楽しめます。

1杯あたり約60円とお財布にも優しく、「Everyday Butter Coffeeだからバターコーヒー生活を続けられています!」という方が急増中。

Everyday Butter Coffeeのこだわり

Everyday Butter Coffeeは、EU産グラスフェッド・バターを原料にしたギーと、100%ココナッツ由来のMCTオイルをパウダー化し、インスタントコーヒーとブレンドしています。香料、保存料、合成着色料は使用していません。また、無糖なのも嬉しいポイントです。

こだわり①:グラスフェッド・ギー

ギーとは南アジアで古くから食用に用いられているバターオイルのこと。インドではカレーでおなじみのナンで使われたり、アーユルヴェーダなどの療法でも重宝されています。

グラスフェッドとは牧草飼育という意味で、のびのびと広大な自然環境で放牧され、牧草を食べて育った乳牛から作られたバターを原料にして作られたギーを、グラスフェッド・ギーと呼びます。グレインフェッド(穀物飼育)のバターやギーよりも高級なことが多く、栄養や風味が豊かなのが特長です。

Everyday Butter Coffeeの商品では、すべてグラスフェッド・ギーを使用しています。

こだわり②:MCTオイル

MCTオイルは100%中鎖脂肪酸で構成されている、大注目のオイルです。

オリーブオイルやごま油など、長鎖脂肪酸で構成される一般的なオイルに比べて、吸収や分解燃焼が早く、エネルギーとして使われやすいため、体内に蓄積されにくいという特長ががあります。

日常的なエクササイズやトレーニングと合わせて、健康的なライフスタイルの維持・サポートのために普段の食事などに取り入れる人が増えています。

こだわり③:簡単&便利!

Everyday Butter Coffeeさえあれば、他の材料は不要!簡単に手軽にバターコーヒーを楽しむことができます。瓶タイプはコーヒーに混ぜるだけ、粉末タイプはお湯を注ぐだけなので、忙しい朝や仕事・勉強の合間のおやつにもぴったりです。